交通事故

交通事故  
「交通事故にあったが、保険会社から提示された
 金額が低すぎる
後遺症が残って働けない」
「自分にも過失があると言われている
 交通事故では、いろいろな問題が発生します。普段聞き慣れないことや専門的な用語も多く出てきます。
・自賠責保険と任意保険
・休業損害
・慰謝料
・後遺症認定
・逸失利益
・過失相殺
 交通事故の加害者には保険会社や示談代行の弁護士がついていますが、被害者には自分一人しかいません。ところが、交通事故を一人で対処することは、非常に労力がいりますし、専門的な知識も必要です。
 後遺症の認定にしても、病院の通い方によって認められたり、認められなかったりするのです。
しかし、弁護士がついていると適切にアドバイスを受けられますし、保険会社も示談金額を上乗せして提示してきます。
 一人で悩むより、まずは弁護士にご相談下さい。きっと、よりよい解決ができるはずです。


 

交通事故に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

交通事故問題解決の流れ


弁護士と行政書士の違い


保険会社は被害者の味方なのか

交通事故の損害賠償 


後遺障害とは 


弁護士費用を保険で払う 

交通事故

© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)