不動産

不動産  
遊休土地を売却したい」
「土地開発をして、建て売り住宅を販売したい
「賃貸している店舗の賃料減額を求めたい

 不動産は、企業活動に深く関わってきます。土地を売買するにしても、賃貸するにしても、必ず契約書を作成して行うことになります。契約内容は、相手方との交渉によって決めていきます。
また、土地や建物に占有者がいたりして、複雑な権利関係があると、これらを整理した上でなければ、正常な取引や契約を行えません。
 家賃の減額の場合は、賃貸人と交渉をし、決裂すれば調停や裁判をすることになります。
このように、不動産に関しては、必ず法律関係を整理した上で、相手方や関係者と交渉することが必要になります。法律に基づいた正当な主張をして、取引をまとめていく必要があるのです。
不動産で困ったら、ぜひ弁護士にご相談下さい。きっと、ビジネスのスピードアップにつながるはずです。
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)