寄与分とは

女性  
相続人の中に、亡くなった人の事業に従事したり、介護したりした人がいて、
そのことで遺産が維持されたり、増加に貢献したとき、その相続人に
法定相続分とは別枠で「寄与分」を認めることができます。

事例 遺産総額:7000万円

・相続人  : 子(兄、弟、妹)の3人
・妹は、生前に父の右腕として事業を手伝い、事業の発展に貢献した
 
この場合、妹の寄与分として1000万円を認めると、遺産総額7000万円から寄与分1000万円を控除した残りの6000万円が相続の対象となります。
 
つまり、6000万円×1/3=2000万円が各人の相続分となります。
 
兄 2000万円 
弟 2000万円
妹 2000万円+1000万円(寄与分)
 

通常の相続人の相続額の出し方

(相続時の遺産総額-寄与分の額)×法定相続の割合

寄与分のある相続人の相続額の出し方

上記で算出された相続分+寄与分の額
 
kuroki-egao0006.png  
「私は、生前に遺産増加に貢献した」「私だけが生前に介護をして苦労した」
といったご相談をよくお受けします。
 
寄与分が認められるかは、様々な事情を考慮した上で決定します。
相続人間で協議する必要がありますので、弁護士にご相談されることをお勧めします。 

相続・遺言に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

相続の流れ


遺産分割の方法


寄与分とは


遺留分について

相続と相続放棄


法定相続人とは


特別受益とは


遺留分減殺請求について

 

© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)