相続の流れ

一般に相続手続きの流れは、以下のようになります。
 

被相続人が死亡(相続の開始)

・通夜、葬儀、告別式を行う。
  ↓     

7日以内

・死亡届を提出する。
・死体火葬許可申請書を提出する。
  ↓      

14日以内

・世帯主変更届を提出する。
 
・銀行預金の封鎖、各種名義を変更する。(公共料金等)
・遺言書の有無を確認する。(公正証書遺言検索サービス等)
  ↓     
・相続人調査を行う。(→相続関係説明図作成)
・相続財産・負債を調査する。(→財産目録を作成する)
・特別代理人を選任する。(相続人の中に未成年者がいる場合)
  ↓     

3ヶ月以内

・相続放棄・限定承認の手続きをする。
  ↓     

4ヶ月以内

・被相続人の準確定申告を行う。
  ↓     
・相続財産を確定、評価する遺産分割協議を行う。
・遺産分割協議書を作成する。
・財産の名義変更をする。
  ↓     

10ヶ月以内

・相続税の申告・納付する。
 
 
期間を過ぎるとできなくなるものが多々ありますので、是非、ご注意ください。

相続・遺言に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

相続の流れ


遺産分割の方法


寄与分とは


遺留分について

相続と相続放棄


法定相続人とは


特別受益とは


遺留分減殺請求について

 

© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)