慰謝料請求を受けたら
 あなたに、突然不貞相手の妻または夫から内容証明郵便が送られてきて、「不貞行為の慰謝料として500万円を支払え。さもなければ、裁判を起こす」と請求されたらどうしますか?

 
 きっとあわてふためいて、親兄弟、友人などに相談するでしょう。もしかしたら、恐怖の余り500万円をすぐに支払ってしまう人もいるかもしれません。

 しかし、慰謝料の金額は決まった金額ではなく、不貞の期間、回数、程度により、総合的に判断されます。不倫相手が夫婦で同居していると、「妻(夫)とは別れてもらう」というドラマのようなセリフをいわれて信じていたとしても、慰謝料自体は発生してしまいます。

 妥当な金額は事情を総合的に考慮し、法的な評価を加えて判断するため、ぜひ、弁護士にご相談ください。慰謝料の支払い方も、一括で支払えない場合は、分割にしてもらう必要があります。

 これらはすべて相手方との交渉で決めていくことになりますが、この面倒な交渉も弁護士に依頼することができます。慰謝料を決めて支払う以上、今後は二度と慰謝料の請求をされないようにしなければなりません。弁護士は、示談書を作成して、今後の憂いが生じないよう、全力でサポートをいたします。


慰謝料について個別トピックス

内縁破棄の慰謝料請求


夫が浮気しているかも


離婚せずに慰謝料請求する


離婚に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

離婚を考えたとき、押さえるべき8つのポイント

 

慰謝料について


財産分与について


離婚と年金の問題

 

監護者とは

 

離婚に必要な事由

 

エネ夫の特徴

 

マザコン夫の特徴

婚姻費用について


養育費について


親権者を誰にするのか

 

面接交渉について

 

離婚の種類

 

 

中高年の離婚

交通事故




 

職業別

経営者の離婚問題について


医者の離婚問題について


公務員の離婚問題について

© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)