• HOME
  • 離婚
  • 20020)離婚はせずに慰謝料請求をする

離婚はせずに慰謝料請求をする

 

「夫(妻)を愛しているので、何とか浮気(不倫)相手との交際をやめてほしい」

「夫(妻)の浮気をやめさせたいので、慰謝料が請求したい」

「今後の生活が不安なので、離婚はしたくないが、夫の浮気相手には慰謝料請求したい」

「子供がいるので離婚はしたくないが、夫の浮気相手には慰謝料請求したい」

 

 このように、離婚はしないけれども、夫(妻)浮気相手には慰謝料請求したいという相談が当事務所にも多く寄せられます。

 現在、夫(妻)の不倫が続いている場合、夫(妻)に「不倫しているのはわかっている」と伝えた上で浮気相手に慰謝料請求をすると、夫も事態の重大性に気づいて、不倫関係をやめる方向になっていきます。そうなって初めて、夫(妻)も、「悪いことをした」と自覚を持ったり、パートナーが負った苦しみや心の痛みを理解することができるのです。

 夫(妻)が本気で離婚をしたいと思って浮気をしたのではなく、軽い気持ちで浮気をしてしまったこともあるので、慰謝料請求をすることは、夫婦双方にとっても一区切りつけるきっかけになります。

 当事務所が実際にかかわった案件でも、たいていの場合は、不倫相手への慰謝料請求をすることで、夫(妻)は反省をし、相手と別れて元の鞘に収まるという結果になっています。

 

慰謝料の相場は

 慰謝料の金額は、不貞行為を行った期間、頻度、不倫相手の財力によっても変わりますが、自分が離婚しない場合は、婚姻関係が破綻していないので、その分慰謝料の金額は下がります。大体の相場は100万円~150万円ということが多いです。

 

 弁護士に相談するタイミングとしては、夫(妻)が浮気をしているかもしれないと疑うことがあった段階で相談されることをおすすめします。その時点で、どのような証拠があるか、今後どのような証拠を集める必要があるか、実際に動いていくタイミングや方法をアドバイスいたします。

一人で悩んでいても解決しません。当事務所では、あなたのニーズに合わせたサポートをさせていただきます。


慰謝料について個別トピックス

内縁破棄の慰謝料請求


夫が浮気しているかも


離婚せずに慰謝料請求する


離婚に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

離婚を考えたとき、押さえるべき8つのポイント

 

慰謝料について


財産分与について


離婚と年金の問題

 

監護者とは

 

離婚に必要な事由

 

エネ夫の特徴

 

マザコン夫の特徴

婚姻費用について


養育費について


親権者を誰にするのか

 

面接交渉について

 

離婚の種類

 

 

中高年の離婚

交通事故




 

職業別

経営者の離婚問題について


医者の離婚問題について


公務員の離婚問題について

© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)