離婚の種類

坪田弁護士  
離婚には、協議、調停、審判、裁判による解決方法があり、約90%が協議約9%が調停残り1%が裁判での解決となっています。 
 
協議による解決が費用も時間も節約できることから、最も簡単な方法と言えますが、夫婦間でなかなか合意が得られない場合もあります。
まずは、以下をよくお読みになり、ご自分に最適な方法をご確認ください。また、わからない場合は悩まず、専門家である弁護士にご相談下さい。 必ずあなたに最適な解決方法をご提案させていただきます。
 

離婚の種類

協議離婚とは

協議離婚とは夫婦の合意があり、離婚届を夫婦の本籍地または住所地の市区役所または町村役場へ提出することで成立する離婚のことです。 
詳しくはこちら
 

調停離婚とは

調停離婚とは、夫婦間で離婚への合意が得られない場合や、離婚の合意はあるが、夫婦間の協議において慰謝料や財産分与、子供の親権などをまとめることができない場合に、家庭裁判所に離婚の調停(家庭裁判所では、通常、「夫婦関係調整調停」と呼ばれます)を申し立てて行う離婚のことです。
詳しくはこちら
 

裁判離婚とは

裁判離婚とは、夫婦間の話し合いや家庭裁判所における調停手続でも離婚が成立しない場合に、離婚を求める側が家庭裁判所に離婚訴訟を起こし、家庭裁判所の判決を得て離婚を行うことをいいます。
詳しくはこちら

慰謝料について個別トピックス

内縁破棄の慰謝料請求


夫が浮気しているかも


離婚せずに慰謝料請求する


離婚に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

離婚を考えたとき、押さえるべき8つのポイント

 

慰謝料について


財産分与について


離婚と年金の問題

 

監護者とは

 

離婚に必要な事由

 

エネ夫の特徴

 

マザコン夫の特徴

婚姻費用について


養育費について


親権者を誰にするのか

 

面接交渉について

 

離婚の種類

 

 

中高年の離婚

交通事故




 

職業別

経営者の離婚問題について


医者の離婚問題について


公務員の離婚問題について

© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)