契約書

契約書   契約書を作りたいが、どう書いたらいいのだろう?」
「取引先から送ってきた契約書をチェックしてほしい」
 取引するには、必ず契約を結びます。
 取引先との関係がうまく行っているときは、問題ありません。
 しかし、いったんトラブルが発生した場合に、契約書はとても重要な意味を持ってきます。契約書の内容が取引のルールになるからです。
 契約書を相手任せにしていると、内容がこちらの不利になっていたり、発生するトラブルに対処できないこともあります。最悪の場合は、裁判までいってしまいます。
 けれども、契約書がしっかりとしていればしているほど、後日の紛争が防げるのです。
 契約書で困ったら、弁護士にご相談下さい。きっとトラブルの予防につながるはずです。

© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)