• HOME
  • 高齢者問題

高齢者問題

高齢者問題  
父(母)が一人暮らしだが、訪問販売でだまされないか
 心配
だ」
父(母)が認知症になっている。自分の代わりに見守りを
 してもらったり、財産管理や介護の手配を頼みたい」
「将来、自分が認知症になった時のために、財産管理や
 介護の手配を頼めるようにしておきたい」
 父(母)が高齢化すると、心配事はたくさんあります。特に、親と離れて暮らしている場合は、高齢の親がきちんと毎日の生活や財産の管理をできるか、不安に感じてしまいます。
 このような問題に対処する方法として、成年後見任意後見財産管理があります。
成年後見は、すでに認知症等で判断能力がなくなっている人が対象です。
任意後見は、将来判断能力がなくなるのに備えて、後見人を指定しておくものです。これらの制度を利用すれば、後見人に財産管理をしてもらえる他、定期的な見守りによって、ご本人の健康状態や生活状態をチェックできます。
 高齢化の問題で困ったら、ぜひ弁護士にご相談下さい。きっと、安心できる生活のサポートにつながるはずです。 

高齢者問題に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

成年後見制度とは

任意後見制度とは

交通事故

施設入所契約について

   

© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)