夫が不倫し子供ができたので妻に離婚を迫った。弁護士が夫の不倫相手から損害賠償金を得た事例

 

  Aさんの夫のBさんはCさんと不倫し子供ができてしまいました。夫Bさんは、この事実をAさんに告げ、離婚したいと申し出て家を出ました。

  AさんはBさんとの離婚はやむを得ないと思いましたが、離婚の原因を作ったCさん許すことができず、慰謝料を請求したいと思い、弁護士に相談に来られました。

  弁護士と面談の後、Aさんは不倫相手であるCさんに対する慰謝料請求についての交渉を弁護士に委任されました。

 

  弁護士はCさんに内容証明を送り慰謝料請求を行いました。Cさんは代理人弁護士を通じ慰謝料の支払いに同意しましたが、慰謝料の金額は請求額の1/3というものでした。しかし、弁護士は粘り強く相手方弁護士と交渉し、その結果金額を増額することができました。

  そして弁護士は慰謝料請求について、債務弁済契約公正証書として作成することを要求し、全額Cさんの費用負担で公正証書は作成されました。

 

  配偶者の不倫により家庭が破壊された場合、配偶者に対しての怒りは勿論のこと、不倫相手に対しても怒りの感情を持つのは当然です。しかし、不倫相手から受けた精神的苦痛を償って貰うのは、精神的苦痛を経済的価値に置き換えた損害賠償請求しかありません。

  しかし、被害者本人が不倫相手に慰謝料請求を行い、交渉をするのは精神的なストレスが強く、被害者が更なる二次的被害を受ける可能性があります。

  このような場合、弁護士に交渉を委任し直接的な交渉の場から距離を置くことで、冷静に交渉を見守ることができます。又、弁護士は経験したいくつかの事例から、妥当な慰謝料の額を見積り、委任者の要望を最大限にすることを念頭に置いて、無駄の少ない交渉をすることが可能です。

 

  弁護士は不倫によって傷つけられた委任者の精神的被害を、慰謝料という形で少しでも軽くできるように、法的に最善の手段を提案し実行します。

 

© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)