妻の不倫相手に弁護士が損害賠償を請求し、交渉により損害賠償金を得た事例

 

  Aさんは妻であるBさんの不倫を知りました。AさんはBさんとの離婚を決意し、弁護士に相談に来られました。
  弁護士と面談の後、AさんはBさんの不倫相手であるCさんに対する慰謝料請求についての交渉を弁護士に委任されました。弁護士はCさんに内容証明を送り慰謝料請求を行いました。Cさんは代理人弁護士を通じ謝罪の気持ちを伝えましたが、慰謝料については経済的余裕がないとして支払いが困難との回答でした。

  一方で、AさんはBさんとの離婚を決意し、離婚の協議を開始しました。離婚協議は難航しましたが、半年ほどの期間をかけて調停により離婚が成立しました。

  離婚成立を受けて弁護士は、Cさん側に強く慰謝料の支払いを迫りました。弁護士は金額や支払い方についての双方の意見を纏め、公正証書として和解案を作成しました。

  AさんがCさんに慰謝料を請求したのと同様に、Cさんの妻DさんもBさんに慰謝料を請求し、裁判所に提訴しました。

  家庭を持った男女が同士のいわゆるダブル不倫は、双方の家庭を破壊してしまいます。Cさんの家庭は離婚に至らなかったのですが、Cさんは長期にわたり慰謝料を払い続けねばならず、家庭に大きな傷跡を残したと言えます。

  法的に事案は解決しても、関係者は全員精神的にダメージを受け、生活を立て直すことは容易ではありません。弁護士としては、依頼者が少しでも精神的にすくわれるように、法的に最善の手段を提案し実行します。



© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)