夫の不倫相手と弁護士が交渉して、損害賠償金を得た事例

 

  Aさんは夫であるBさんの携帯から夫の不倫を知りました。AさんがBさんを問い詰めると不倫の事実を認めたうえで、不倫関係を解消して結婚生活を続けたいと申し出ました。

  Bさんの不倫相手のCさんは同じ職場にいたので、AさんがBさんとの結婚生活を続けるためには、Cさんが今後Bさんとの個人的な関係を持たないこと、Cさんが慰謝料を支払うこと、Cさんが謝罪することが必要と考えました。

  Aさんは自分の要望を実現するにはどのようにしたらよいかを相談しようと、ホームページで知った当事務所を訪問されました。弁護士と相談して今後の方針のアドバイスを受け、Aさんはこの件の解決を弁護士に委任されました。

 

  弁護士は、直ちにCさんの住所を調査してCさんに内容証明を送り、過去の不適切な関係についての謝罪と今後は関係を断つこと、及び慰謝料の支払いを求めました。 

  Cさんは不倫を認め、Aさんに謝罪し、損害賠償金を支払うことに同意し、弁護士事務所でAさんに謝罪しました。そして、今後CさんがBさんと業務以外での接触を断つことを誓約したので、AさんはCさんの謝罪を受け入れることにしました。

  弁護士はCさんの作成した誓約書の文面をチェックし、今後不適切な関係を繰り返さないことを確約する文面を盛り込んでもらいました。

  Aさんは、Cさんの誓約書と損害賠償金を受け取り、この事案は解決しました。

 

  配偶者の不貞により離婚に至る場合と、もう一度夫婦としてやり直そうとする場合があります。後者の場合、配偶者に再度同じようなことをさせないためには不貞の相手に毅然とした対応を取る必要があります。

不適切な関係に厳格な処置をすることは、配偶者に再度不貞をしないように教訓を与える効果もあります。

配偶者が不貞をした場合にどのような対応を取るかは、夫婦の意思、子供の状況、資産などによりいろいろなケースが考えられます。

  弁護士は、経験や判例からどのような解決法があるかを調べ、依頼者に最良のアドバイスをすることができます。自分で対応するのが困難と思われる場合は、弁護士に相談されることをお薦めします。

© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)