夫が不倫。弁護士が交渉し、相手から損害賠償金を得た事例

 

  Aさんは夫が不倫していることに気が付きました。不倫関係は3年ほど続いていて、Aさんは精神的に非常に傷つきました。Aさんには子供もいるので、離婚には踏み切りませんでしたが、夫の相手を許せませんでした。

 

 

  Aさんが相手に連絡をしたところ、相手は責任を認め慰謝料を支払うことには同意しましたが、金額についての話し合いまでは進みませんでした。

  Aさんは、自分で損害賠償金額について相手と交渉するのは精神的につらいと思われ、当事務所のホームページをみて相談に来られ、弁護士と面談されてからこの件の解決を委任されました。

 

  弁護士は、直ちに相手方に対し、Aさんが不倫関係により被った精神的被害の損害賠償を請求する文書を内容証明で送付しました。回答は、相手側方が委任した弁護士から文書で届きました。

  相手方の回答は、不倫関係を認め損害賠償に応じるとしていましたが、金額については減額を主張していました。弁護士は、相手方の弁護士と何度も文書で交渉を重ね、Aさんが受け入れられる金額で双方の合意を取ることができました。

  弁護士は合意書を作成し、Aさんと弁護士、相手と相手方弁護士のそれぞれが署名捺印しました。この合意書で、相手はAさんに謝罪し、今後不倫関係を持たないことを約束し、損害賠償金を支払うことに合意しました。

 

  弁護士が相手方と慎重に交渉した結果、Aさんは家庭を壊すことなく、自分が被った精神的な被害についての損害賠償を受けることができました。

 

  弁護士は、依頼者の要望を聞き、できるだけそれに沿うような形での解決を目指します。難しい交渉は、交渉のプロである弁護士に委任することも問題解決の大きな第一歩になります。

 

 

 

© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)