• HOME
  • 破産の解決事例
  • 家賃を滞納している賃借人に、弁護士が未払い家賃の支払いと期限内の建物明渡をさせた事例

家賃を滞納している賃借人に、弁護士が未払い家賃の支払いと期限内の建物明渡をさせた事例

Bさんは、所有する建物を事務所として貸していました。しかし、その建物を自分で使用する必要が出てきたのですが、最近の家賃が滞納されているので、どうすればよいのか弁護士に相談されました。
 
Bさんは知り合いにこの建物を貸していたため、きちんとした契約書を作成していませんでした。弁護士は、賃料の不払いによりすでに賃貸借契約は解除されていると判断しました。弁護士は賃借人と交渉し、滞納された家賃の支払いと、建物明渡についてのBさんの意向を汲んだ内容で合意書をまとめました。

 
Bさんは、自分では回収できなかった滞納家賃の支払いを受け、予定していた期日に建物を明け渡して貰うことができ、非常に喜んでおられました。

© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)