• HOME
  • 破産の解決事例
  • 弁護士が2社との交渉を依頼され、続いてもう2社との交渉。173万円を返還させた事例

弁護士が2社との交渉を依頼され、続いてもう2社との交渉。173万円を返還させた事例

Cさんは、2社の消費者金融との取引についての過払い金返還請求を弁護士に依頼されました。1社については86万円の過払い金があり、弁護士が返還請求をしましたが、相手は既に実質上倒産していて、管理会社が存続しているような状況であったので、13万円の返還で和解が成立しました。もう1社は再計算の結果、126万円の過払い金が判明しました。弁護士が交渉し、100万円の返還金で和解が成立しました。
 
Cさんは、請求すれば過払い金が返還されることを実感され、もう2社についての交渉を依頼されました。弁護士が再計算の結果で交渉し、68万円の過払い金がある会社とは25万円で、43万円の過払い金がある会社とは35万円で和解を成立させました。 

 
Cさんは4社で55%、金額で173万円の返還となり、思っていないお金が返ってきて非常に満足されていました。

© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)