右折の車に衝突され、過失割合が納得できず弁護士に相談し、95:5で決着した事例。

  Aさんは国道を走行していて、黄色点滅信号の三叉路にさしかかったところ、対向車が突然右折してきてよける間もなく衝突してしまいました。

  明らかに相手が対向車に注
意せず右折したのですが、
相手側の保険会社は過失割合が80:20であると主張しました。Aさんは到底納得できなかったので、自分の保険の弁護士特約を使って、弁護士に交渉を依頼しました。

  弁護士は、このような場合の判例を調べ保険会社と交渉しました。誰でも、対向車がいきなり右折してきて衝突した場合、自分の過失はないと思いますが、判例では自分の車も動いていれば、多少の過失は認定されてしまいます。弁護士は、いくつかの判例を元に保険会社と交渉し、最終的に過失割合を95:5で示談を成立させました。

 Aさんは、心情的には割り切れないところはありましたが、訴訟まではせずに、受け入れられる結果を得ることができました。

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpg中国語サイトバナーブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)