• HOME
  • 交通事故の解決事例
  • 車に足を轢かれた事故。裁判で弁護士が加害者の勤務先の責任を追及。和解金を獲得した事例

車に足を轢かれた事故。裁判で弁護士が加害者の勤務先の責任を追及。和解金を獲得した事例

Cさんは、横断歩道を歩行中、左折してきた車に足をひかれて、足首がねじれてうまく歩けなくなり、12級の後遺症の等級認定を受けました。
 
加害者は、当時勤務先の業務で車を運転
していたことから、Cさんはこの会社にも責任追及をしたいと思っていましたが、Cさんが請求しても交渉はうまくいきませんでした。

 
そこで、Cさんは弁護士に相談して裁判をしたところ、会社もこれに応じてきました。
そして、580万円の和解が成立し、Cさんは無事に和解金を受け取ることができました。

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpg中国語サイトバナーブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)