後遺症認定を求め訴訟に。弁護士が保険会社と交渉し、慰謝料を獲得して和解した事例

Bさんは、高速道路を運転中、前方に事故を起こして転倒していた車に衝突して大けをしました。Bさんの右腕は後遺症認定されませんでしたが、回りにくくなり、指も動かしにくくなりました。
 
保険会社は、後遺症認定がない以上、その部分について保険金を出せないと主張
しました。

 
Bさんは、納得がいかず、弁護士に相談し、裁判を起こす
ことにしました。裁判では、Bさんの症状が後遺症の等級認定を受けるべきものであると主張しましたが、医療データが不足していたため、後遺症の等級認定はされませんでした。

 
しかし、Bさんの症状について慰謝料を支払うべきであるとして、80万円の慰謝料
が認められました。本件は、控訴審までいきましたが、最終的には和解で終了しました。

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpgブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)