• HOME
  • 交通事故の解決事例
  • 停車中追突される。弁護士が日弁連交通事故センターの示談あっせんで増額を獲得した事例

停車中追突される。弁護士が日弁連交通事故センターの示談あっせんで増額を獲得した事例

Iさんは、赤信号で車を停車させて待っていたところ、いきなり後ろの車から追突されました。Iさんは、むちうち症となり、首や肩がいたみ、腕が上がらなくなってしまいました。また、手指にしびれが出て、家事や日常動作に支障が出るようになりました。そのため、Iさんはそれまでしていた介護の仕事をできなくなり、休職後、辞めざるをえなくなりました。
 
Iさんは、1年間治療を継続しましたが、症状は完全には良くならず、症状固定
となりました。そして、保険会社を通じて後遺症14級の認定がされました。そして、保険会社からは総額460万円の賠償金の提示がありました。

 
Iさんとしては、後遺症の認定を受けたものの、後遺症診断書には記載もれがあり、主治医からは改めて後遺症診断書を作成してもらったため、このまま保険会社と示談をするのは釈然としない感じがあり、弁護士に相談しました。

 
その結果、やはりIさんとしては、できることはすべてした上で示談をしたいということになり、弁護士費用特約を使用して、その後の手続きを弁護士に依頼
しました。

 
弁護士は、それまでの診断書やレセプト、後遺症診断書を精査した上で、自賠責調査事務所に、後遺症14級の認定について異議申し立て
をしました。3ヶ月後、自賠責からは異議申立に対して、従前どおり後遺症14級の認定をする決定がされました。 

 
この決定を受け、弁護士は保険会社と交渉を開始しました。Iさんは、事故で仕事をやめざるをえなくなっていましたが、保険会社の休業補償は十分な金額ではなく、慰謝料についても保険会社の提示額は裁判基準の50%程度
しかありませんでした。そこで、弁護士は積極的にこの点について、金額のアップを希望しました。

 
しかし、保険会社は当初の提示金額を変更しなかったため、弁護士は即時に日弁連交通事故センターの示談あっせん手続きの中で、交渉を続けました。

 
その結果、ほぼ裁判基準どおりの総額560万円で示談が成立
し、当初の保険会社の提示金額よりも100万円以上の上乗せができ、Iさんは納得できる金額を受け取ることができました。

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpgブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)