• HOME
  • 交通事故の解決事例
  • 保険会社は後遺症なし前提の示談金額提示。弁護士が間に入り、4倍弱の示談金を獲得した事例

保険会社は後遺症なし前提の示談金額提示。弁護士が間に入り、4倍弱の示談金を獲得した事例

Bさんは、タクシーに乗車中、タクシーが急ブレーキを踏んで、むち打ちになりました。
 
Bさんは仕事が忙しく、なかなか病院へ通う時間がとれなかったため、整形外科にも途中で行かなくなり、むち打ちの治療も中断
していました。症状はまだ残った状態でした。
 
Bさんは、保険会社から後遺症なしを前提として約30万円の示談金額を提案されましたが、納得できず、弁護士に相談しました。
この件は、交通事故紛争処理センターで調停を行い、話し合いを続けた結果、113万円で和解が成立しました。

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpg中国語サイトバナーブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)