• HOME
  • 相続の解決事例
  • 死亡した男性の相続放棄の手続きを弁護士が行い、相続人が負債を負うことを防いだ事例

死亡した男性の相続放棄の手続きを弁護士が行い、相続人が負債を負うことを防いだ事例

Aさんは、離婚をした夫が急死し、元夫側の親族より、借金やローンが残っていることを伝えられました。Aさんは相続についてどのようにすればよいか全くわからず、弁護士に依頼しました。
 
弁護士は、まず元夫の姉Bさんに連絡をとり、元夫の相続財産と債務について調査
を始めました。その結果、元夫には生命保険(受取人が子)と遺産・債務があり、借金の金額から、相続放棄をする方が得策であるという結論になりました。

 
そこで、弁護士は第一位順位の相続人であるAさんの子について相続放棄の手続きを進め、相続放棄が完了すると、次に第二位順位相続人である元夫の姉Bさんの相続放棄の手続きを進めました。

 
その結果、Aさんの子もBさんも、負債を相続する必要がなくなり、一方でAさんの子は生命保険金を受け取り、
満足できる結果となりました。

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpgブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)