• HOME
  • 相続の解決事例
  • 相続人が遺言書を無視したので、弁護士が裁判により遺贈を受けた兄弟姉妹の権利を守った事例

相続人が遺言書を無視したので、弁護士が裁判により遺贈を受けた兄弟姉妹の権利を守った事例

女性が、2億円を超える資産を持っていましたが、病気で死亡しました。女性は、兄弟姉妹(相続人ではない)へそれぞれ200~300万円ずつを遺贈する内容の自筆の遺言書を残していました。
 
しかし、女性の子2人(相続人)が遺言書を無視して、自分たちだけで遺産分割
を行ってしまいました。そのため、兄弟姉妹から「納得できない。」として相談があり、兄弟姉妹を代理して裁判を起こしました。

 
裁判では、遺言書は本人が作成したものであることが問題なく認められ、
その結果、遺言書とほぼ同じ内容で和解が成立しました。

 
当事者同士では、感情的な対立が激しく、
とても話し合いができませんでしたが、弁護士が入って裁判をしたことで、無事にお金を受け取ることができました。

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpgブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)