• HOME
  • 相続の解決事例
  • 母親の遺産相続で、兄の代理人として弁護士が妹と冷静に交渉し、遺産分割が完了した事例

母親の遺産相続で、兄の代理人として弁護士が妹と冷静に交渉し、遺産分割が完了した事例

母が死亡し、兄と妹で遺産を分割しようとしましたが、財産の内容や分け方について冷静な話し合いがつかず、しばらく交渉が中断して、遺産分割ができないままになっていました。
 
兄であるAさんから「遺産分割がスムーズにいかない」と相談を受けたため、Aさんの代理人として
妹さんに連絡をとり、話し合いをいたしました。金融機関を調査したり、不動産の評価を適正に出して、財産の内容を整理して粘り強く話し合いを続けました。

 
当事者同士では、感情的になってしまう
ところを、弁護士が入った結果、冷静に話し合いをすることができ、無事に遺産分割ができました。不動産の相続登記も行いました。

 
相続税についても、税理士と連携して、スムーズに申告
を行うことができました。

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpgブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)