• HOME
  • 相続の解決事例
  • 自筆証書遺言を、弁護士が内縁の妻と相続人の娘二人で検認。円満に相続が完了した事例

自筆証書遺言を、弁護士が内縁の妻と相続人の娘二人で検認。円満に相続が完了した事例

内縁の妻と二人で暮らしていたAさんが死亡し、自筆証書遺言が出てきました。そのためAさんの娘2人(相続人)とともに、家庭裁判所で検認手続きを行いました。
 
遺言書の内容は、内縁の妻へ大半の財産を遺贈する
というものでした。Aさんの娘2人から承諾があったため、その内容に沿って、手続きを進めました。借地件付の自宅については、荷物を処分した上で、売却しました。

 
Aさんの娘2人は、遺言書に書かれていない財産を平等に
分けました。弁護士が入ったことで、財産の内容が相続人にも明確になり、特にトラブルにはならずにスムーズに終わりました。

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpgブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)