• HOME
  • 相続の解決事例
  • 世話をしてくれている親族に遺産を相続させたいので、弁護士と共に公正証書遺言を作成した事例

世話をしてくれている親族に遺産を相続させたいので、弁護士と共に公正証書遺言を作成した事例

Cさんは夫にも子供にも先立たれ、一人暮らしをしていましたが、病気がちで姪に身の回りの世話をして貰っていました。体調を崩して入院したあと介護施設に入所したCさんは、面倒をみて貰った姪に自分の財産を残したいと思いました。
 
相談を受けた弁護士は、法的にもっとも信頼できる公正証書遺言
を作成することを勧めました。体調が悪いため公証人役場に行けないCさんは、公証人に病院まで来て貰い、姪に自分の財産のすべてを遺贈するという内容の公正証書遺言を作成しました。弁護士が、遺言執行人に指名され、遺言書原本を預かりました。

 
Cさんは、自分の希望通りに、財産を姪に渡すことができるので非常に満足されました。

 

*Cさんには兄弟姉妹がいますが、兄弟姉妹には遺留分はありません。従って、この場合のように、Cさんが姪の一人に財産を遺贈すると遺言すれば、それについては誰も異議を唱えることはできません。

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpgブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)