• HOME
  • 相続の解決事例
  • 遺産を巡って子供達の間に争いが起こらぬよう、弁護士と共に公正証書遺言を作成した事例

遺産を巡って子供達の間に争いが起こらぬよう、弁護士と共に公正証書遺言を作成した事例

Bさんには子供が二人いて、長男夫婦と同居していました。娘は結婚していて別に生活していました。Bさんは、妻の死亡後に自分を引き取ってよく世話をしてくれている長男夫婦に多めに遺産を相続させたいと思い、弁護士に相談しました。
 
弁護士は、法的にもっとも信頼できる公正証書遺言
を作成することを勧めました。そして、Bさんの保有する財産を長男に多く遺贈するという内容の公正証書遺言を公証人役場で作成しました。弁護士は、遺言執行人に指名され、遺言書原本を預かりました。

 
Bさんは遺言書の付言で、遺言の趣旨を記し
、子供達が自分の遺志を受け入れ、後々まで円満な関係を続けるように望んでいることを伝えようとされています。

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpgブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)