• HOME
  • 離婚の解決事例
  • 11626)妻の不倫により離婚。委任を受けて相手側に損害賠償請求を行った事例

妻の不倫により離婚。委任を受けて相手側に損害賠償請求を行った事例

 

 

  Aさんは妻が数年に及び不倫していたことに気付き、離婚を決意されました。離婚に際しての条件の決定や、不倫の相手方への損害賠償請求について専門家に任せた方が良いと判断され、弁護士に委任されました。

 

 

  弁護士は妻と協議離婚に伴う条件を、不倫相手とは損害賠償金額について交渉しました。

妻の金融資産はほとんどなく、妻が形式上の共同所有者であった住宅を、財産分与の形でAさん単独の所有としました。

 

  不倫相手も十分な資力がなく、Aさんが請求する金額とは大きな差がありました。弁護士が何度も交渉し、Aさんが何とか受け入れられる損害賠償金額を纏めました

 

  弁護士は、関係者が最終的に合意した条件で、離婚の協議書と損害賠償に関する合意書を作成しました。これに従い、Aさん夫婦は離婚し、不倫相手はAさんに損害賠償金を支払いました。

 

  Aさんは、両者から書面での謝罪受け、損害賠償金を受領して、不愉快な出来事に区切りをつけて、新しい生活に踏み出されました。


 

  配偶者の不倫は家庭生活を破壊します。不幸にもこのような不測の事態に遭遇した場合、最小限の損害で切り抜けるには、客観的な立場からアドバイスできる人が必要です。

  弁護士はいろいろなケースを経験していますので、依頼者にとって一番良いと思われる方法をアドバイスできます。

  信頼を裏切った配偶者への怒り、不倫相手への怒り、子供への対応など一度に多くの問題が降りかかります。パニックに陥らず、対応を間違えないために専門家のアドバイスを受けることをお薦めいたします。

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpgブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)