• HOME
  • 離婚の解決事例
  • 妻の不倫により離婚。夫の代理人として離婚条件を纏めて離婚協議書を作成した事例

妻の不倫により離婚。夫の代理人として離婚条件を纏めて離婚協議書を作成した事例

 

  Aさんは15年に及ぶ結婚生活で子供もいましたが、妻が不倫をしました。Aさんは1年間の別居生活の後に正式に離婚することを決意されました。

 

  Aさんは離婚の条件に付いて妻と話し合い、親権や財産分割の条件に付いて合意に達したのですが、法的に効力を持つ形にしておきたいと考えられました。

  Aさんは、当事務所のホームページを見て来所され、弁護士と面談後に離婚協議書の作成を依頼されました。

 

  弁護士は、Aさん夫妻と面談して双方の意見を聞きながら離婚の条件を詰めました。Aさんが親権を持つこと、共有であった住宅をAさんの単独名義にしてローンをAさんが負担すること、妻が慰謝料を支払うことなどが合意され、弁護士が書面に纏めました。

 

  この離婚協議書に従って、離婚届の提出、不動産の登記などが進められ、Aさんは子供達との新しい生活を始めることができました。

 

 

  協議離婚をする場合、その条件をきちんと文書にしておくことは大事なことです。法的に一番効力があるのが公正証書です。しかし、公正証書でなくても、所定の形式で作成された文書は当然法的な効力を持ちます。

状況によって公正証書にすべきかどうかは変わりますので、弁護士と相談しながら決めるのもひとつの方法と思います。

 

 

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpgブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)