不倫した夫との離婚の条件を詰め、公正証書を作成した事例


  Aさんは結婚生活を10年以上続け、子供もいたのですが、夫が不倫をしました。

  夫は単身赴任中でそのまま別居生活になりました。Aさんは、不誠実な夫と離婚したいと思いましたが、

家や子供の養育費については自分で夫と交渉して決めるのが難しいと感じて弁護士に相談に来られました。

 

 

  Aさんは、現在の家にずっと住み続けたいので、夫に引き続き住宅ローンを支払って欲しいのと、十分な養育費が希望でした。

  弁護士はAさんの要望を聞いて、夫との交渉を開始しました。夫は離婚とAさんが子供の親権を持つことには同意していましたので、どのようにAさんの希望を実現するかがポイントでした。

 

  弁護士は夫婦の財産や負債のデータを二人から得て、財産分与や養育費についての妥当と思われる案を作成しました。

 

  Aさんが安心して生活できるように、財産分与として住宅の名義をAさんに変更し、ローンの返済は夫がすることにしました。又、毎月の妥当な養育費と、ボーナス時の加算分も認めさせました。子供の学資保険の名義や子供用の積立預金の名義もAさんに変更することになりました。

 

  これらの条件を公正証書にして法的な保証を付けると共に、夫が債務の履行しないときは強制執行することも内容に盛り込みました。

 

  Aさんは離婚後も子供と同じ住宅に住んで新しい生活に踏み出し、将来に向けて着実な生活をされています。

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpgブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)