• HOME
  • 離婚の解決事例
  • 離婚、養育費、慰謝料を請求する妻と弁護士が交渉、養育費の支払いのみで協議離婚が成立した事例

離婚、養育費、慰謝料を請求する妻と弁護士が交渉、養育費の支払のみで協議離婚が成立した事例

Cさんは、妻が出産のため実家に里帰りしている時、妻とけんかになり、妻は出産後もCさんのもとへ帰らず、Cさんに離婚を求めてきました。

  Cさんは、子供の養育費を月5万円支払うことを約束して、協議で離婚をしようとしていたところ、突然妻の弁護士から内容証明の通知書が送られ、250万円の慰謝料を請求されました。

  対応に困ったCさんは、弁護士にこの件を委任しました。

  弁護士はまず、妻の主張が正しいのかについて事実確認を行い、相手方弁護士とやりとりをしました。その結果、妻の主張にはかなり無理があることが判明しました。

  そもそも、この件では子供がCさんの子であるかも疑問なところがありましたので、妻側の了解のもと、私的なDNA鑑定を行いました。

  その結果、Cさんと子供の親子関係は存在することが明らかとなりました。

  これにより、弁護士は従前の取り決め通り、Cさんが妻に養育費を月5万円支払うという内容で、協議離婚をすることができました。こうして、Cさんは不当な慰謝料請求を排除することができ、満足のいく結果となりました。

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpgブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)