• HOME
  • 離婚の解決事例
  • 妻を置いて家を出た夫から、弁護士が調停で和解金1000万円と年金分割1/2を獲得した事例

妻を置いて家を出た夫から、弁護士が調停で和解金1000万円と年金分割1/2を獲得した事例

Aさんが精神的な病気となり、夫は家を出て1年以上別居状態となりました(子供なし)。妻から「夫から生活費をもらえない。」と相談がありました。離婚をしてもいいが、無収入であるため、離婚後の生活を大変心配しておられました。
 
まずはAさんの代理人として婚姻費用の支払いを求める調停を起こしました。
夫からは離婚調停を申立てられたため、この中で、慰謝料の支払いを求めました。
調停期日を2回重ね、婚姻費用のほか、解決金として1000万円(分割払い)の支払いを受けることで調停が成立しました。

弁護士が入ったことで、Aさんは納得できる解決金を受け取ることができ、今後の生活に前向きになることができました。
相談から3ヶ月程度で、スピード解決できました。
 
また、年金分割についても、別途家庭裁判所の審判手続きを行い、スムーズに2分の1の分割を受けられました。

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpgブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)