• HOME
  • 離婚の解決事例
  • 経済的問題から離婚を拒んでいた妻を、弁護士が粘り強く説得。離婚調停が成立した事例

経済的問題から離婚を拒んでいた妻を、弁護士が粘り強く説得。離婚調停が成立した事例

Bさんは、妻との性格の不一致により家庭不和になり、家を出て別居しました。Bさんから「離婚をしたい」と相談を受けたので、Bさんの代理人として、離婚調停を申立てました。

 当初、妻側は経済的な問題から、離婚自体を拒んでいました。そして、住宅ローンがついた自宅に居住していました。

調停は難航しましたが、調停期日を重ね、ねばり強く妻を説得した結果、ついに離婚に応じてもらうことができました。妻の生活の安定も考慮した内容で離婚調停が成立しました。

当事者同士では、冷静に話し合いができず、一時Bさんは、離婚裁判まで考えておられました。しかし、弁護士が入ることで、無事に調停で離婚することができました。


予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpgブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)