• HOME
  • 離婚の解決事例
  • 離婚調停を求められた妻の代理人として弁護士が交渉。満足できる養育費を獲得した事例

離婚調停を求められた妻の代理人として弁護士が交渉。満足できる養育費を獲得した事例

Fさんは子供をつれて夫の海外赴任に同行しましたが、性格の不一致により、家庭不和となりました。Fさんは子供を連れて日本に帰国し、夫と別居しました。Fさんからは、「離婚をしたい」と弁護士に相談がありました。

そのうち、Fさんの夫から離婚調停が申立てられたため、Fさんの代理人として調停に出席しました。

 当初は、夫側が離婚や養育費について独自の主張を行い、調停は難航しました。特に、養育費の金額でお互いの主張に大きく開きがありました。

しかし、調停期日を重ねて粘り強く説得した結果、裁判所の基準に沿った養育費で最終的に合意できました。

Fさんは、乳児を抱えて無事に離婚ができるか、大変不安に感じていました。しかし、弁護士が入ることで気持ちに余裕ができ、納得できる調停内容となりました。

現在は、仕事と家庭の両立をしながら、しっかりと前向きに生活しておられます。

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpgブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)