• HOME
  • 離婚の解決事例
  • 慰謝料を拒む夫と弁護士が調停で交渉。200万円の解決金を獲得した事例

慰謝料を拒む夫と弁護士が調停で交渉。200万円の解決金を獲得した事例

Gさんは夫から暴力を受けたり、パートの給料(貯金)を勝手に引き出されて、夫の個人的な借金の返済に使われたりしたため、耐えきれずに家を出て別居しました。

Gさんから弁護士に、「離婚したい。これまで引き出されたお金を返してもらいたい」と相談があったため、Gさんの代理人として離婚調停を申立てました。離婚のほか、これまでの夫の貯金引き出しや暴力に関して、慰謝料300万円の支払いを求めました。
 
当初、夫側は慰謝料の支払いを強く拒んでいました。しかし、調停を重ねて、夫の行為を冷静に説明した結果、解決金名目で200万円(分割払い)の支払いを受ける内容で調停が成立しました。 

 
Gさんは、解決金200万円を受け入れてもらったことで気持ちの余裕ができ、前向きな気持ちで離婚
をすることができました。
 
当事者同士では、両親も絡んでなかなか話し合いがつきませんでした。しかし、弁護士が入ることで、冷静な話し合いができ、離婚のほか無事にお金を返してもらえる
ことになりました。 

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpgブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)