• HOME
  • 離婚の解決事例
  • 長期に渡り積もった夫婦生活の不満により妻が離婚を決意。弁護士が入り、和解した事例

長期に渡り積もった夫婦生活の不満により妻が離婚を決意。弁護士が入り、和解した事例

Hさんは結婚生活が40年以上になりますが、夫との性格の不一致や価値観の相違や浪費や暴言などに不満を持っていました。いくら夫と話をしようとしても、まったく話し合いにならない状態に見切りを付けて、離婚をしたいと弁護士に相談に来ました。
 
Hさんは、真剣に離婚を考えていて、慰謝料・年金分割・自宅の所有権等についても相談
しました。Hさんは、夫に離婚の話をした場合、夫が反対して家から出られない事を心配して、まず黙って家を出ることを決めていました。弁護士は、Hさんが家を出た後、夫に内容証明を送り、Hさんが離婚したいという気持ちを伝えました。
 
夫は、この内容証明で初めて妻の気持ちを知り、非常に衝撃を受けました。夫は、自分の行いや言葉は、Hさんに受け入れられていると思っていたので、Hさんが離婚を考えていることはショックで、しばらくは現実を認めることはできません
でした。夫は、Hさんに直接自分の気持ちを伝えたいと申し出ましたが、今までのことからHさんは話し合いを拒否しました。
 
夫は、自分は離婚を望まないので、今後はHさんを尊重して結婚生活を続けたいと申し出ました。Hさんは、離婚についてもう少し考えるため別居を続ける事にし、弁護士は、その間の婚姻費用を夫が支払うという合意書を取り纏めました。
 
その後、Hさんは夫が言動を改める約束を受け入れて自宅に戻りました。
 
Hさんは、弁護士を通じ夫と交渉した結果、長年の自分の思いを伝えられました。
そして、夫が今までの事を反省し謝罪し、自宅も共有にすることができたので、結婚生活を続ける事ができました。

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpgブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)