• HOME
  • 離婚の解決事例
  • DVの夫との離婚調停が不調で裁判に。弁護士が入り、親権、養育費、慰謝料を獲得した事例

DVの夫との離婚調停が不調で裁判に。弁護士が入り、親権、養育費、慰謝料を獲得した事例

Aさんはかなり昔から夫に暴力を受けていました。また夫が数年前から別の女性と浮気をしていました。Aさんは、自治体の相談窓口でカウンセリングを受けていましたが、ついに子供を連れて別居しました。
 
Aさんから「離婚したいが、夫が怖くて自分では話ができない」と相談を受けたため、妻側の代理人として、離婚の調停を起こしました。
調停では、離婚の他に、養育費および300万円の慰謝料を求めました。
 
しかし、夫が慰謝料の支払いを拒んだため、調停は不成立となり、裁判となりました。
裁判では、当事者双方の証人尋問まで行った結果、夫の暴力と浮気が認められました。そして、離婚、妻の親権、養育費のほか慰謝料200万円が認められました。
 
判決後、夫が慰謝料の支払いを行わなかったため、強制執行によって夫の給料を差し押さえ、後日全額回収できました。

Aさんは、ご自身ではとても夫と離婚の話し合いなどできませんでしたが、弁護士が入ることで無事に離婚することができ、慰謝料ももらうことができました。
 
その後、夫側から別途、子供の面接交渉を求める調停が出されましたが、そこでも妻側の代理人となり、Aさんの希望に沿った内容で、調停を成立させることができました。 

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpgブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)