• HOME
  • 離婚の解決事例
  • 弁護士が間に入り、公正証書で子供の親権、養育費、和解金を確実にした事例

弁護士が間に入り、公正証書で子供の親権、養育費、和解金を確実にした事例

Aさんは夫と性格の不一致により、家庭不和となり、子供を連れて別居しました。「離婚をしたいが、どうすればよいか」と相談に来られたため、Aさんの代理人として、夫と離婚条件について協議しました。

Aさんは、今後夫が子供さんの養育費をきっちりと支払ってくれるかを大変心配されていました。

当初、夫は突然の別居や離婚の話に戸惑い、反発していました。しかし、弁護士が夫と話し合いを何度かするうちに、夫も冷静に離婚の事実を受け止めることができるようになりました。
 
結果的に相談から1ヶ月程度で、公正証書を作成し、無事に協議離婚できました。
Aさんは子の親権のほか、養育費として月3万円、清算金を200万円受け取れることになりました。
 
当初から弁護士が入ったことで、Aさんの希望に沿った形で、早期に解決しました。
現在でも養育費はきっちりと支払ってもらっています。

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpgブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)