• HOME
  • 債務整理の解決事例
  • 過払い金を弁護士が発見し債務返却に。残った債務を債権者と交渉し月賦で返済した事例

過払い金を弁護士が発見し債務返却に。残った債務を債権者と交渉し月賦で返済した事例

Bさんは、3社から総額300万円程度の借入れをし、毎月の返済が苦しくなったため、弁護士に債務整理の相談をしました。
 
弁護士が債権調査をしたところ、そのうち2社に合計60万円ほどの過払い金が発生していることが判明しました。
また、その他の債務も利息制限法での金利計算によって債務額が110万円程度にまで減額になりました。

 
そのため、過払い金を回収して債務の返済に充て、残った債務は債権者と交渉して、毎月2万円ずつ返済していく
ことに決まりました。Bさんはその後、約束通りきっちりと返済を続け、無事に返済を終了しました。

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpgブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)