夫が残した住宅ローンが支払えず、弁護士が入り、破産により債務の免責を受けた事例

Fさんは夫との共有名義でマンションを購入し、連帯保証人になりました。その後、夫の会社の業績が悪化し、生活費が貰えなくなり離婚しました。離婚後、元夫は病死し、住宅ローンの返済義務は、連帯保証人であるFさんに残りました。
  
Fさんには返済能力がなく、ローンの滞納を続けたため、債権者がマンションを競売にかけ、それでも残った約2000万円の債権を、Fさんに請求してきました。Fさんは、この債務を返済するのが困難なので、弁護士に相談しました。

 
弁護士は、Fさんには返済能力がないので、裁判所への破産の申立を勧め、Fさんは同意しました。弁護士は、Fさんの債務・資産を細かく調査し、裁判所に破産の申立を行い、破産と免責が認められました。
Fさんは、別れた夫の負の遺産から解放され、心機一転新しい生活に踏み出しています。

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpgブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)