• HOME
  • 債務整理の解決事例
  • 退職がきかっけで住宅ローンの返済が滞り、弁護士が入り破産で債務の免責を受けた事例

退職がきかっけで住宅ローンの返済が滞り、弁護士が入り破産で債務の免責を受けた事例

Eさんは夫婦で働いていて、一戸建てを夫婦のローンで購入しました。購入時に貯金はほぼなくなりましたが、ローンの返済には問題がありませんでした。数年後、Eさんはある事情で会社を退職しました。新しい会社では給料は減少し、また妻の給与も減少しました。
 
Eさんは、生活費が不足するため、消費者金融から借金を始めましたが、住宅ローンの金利も当初の低い金利から上がる時期を迎え、住宅ローンの返済が遅れるようになりました。そのうちに、消費者金融からの借入でのやり繰りができなくなり、弁護士に相談しました。

 
弁護士はEさんの債務を検討した結果、二人が連帯保証人になっている住宅ローンの返済はこれ以上無理だと判断し、裁判所への破産の申立を勧めました。弁護士はEさん夫婦の債権を詳しく調査し、裁判所に破産の申立を行い、Eさん夫婦の破産と免責が認められました。

 
Eさんはマイホームをなくしましたが、住宅ローンや消費者金融からの借金の返済からは解放され、賃貸住宅で収入に応じた生活をして、新しい人生のスタートを切られました。

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpgブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)