• HOME
  • 債務整理の解決事例
  • 顧客の損失補填で借金。弁護士に相談し破産の申立。債務免責で年金での生活可能にした事例

顧客の損失補填で借金。弁護士に相談し破産の申立。債務免責で年金での生活可能にした事例

Bさんは、長らく株式の外交員をしていました。しかし、バブル崩壊後に顧客に損失が出て、顧客からその穴埋めを求められました。Bさんは、やむをえず自分で銀行から2000万円の借入れをし、穴埋めをしました。 

 
Bさんには住宅ローンもあり、毎月の借金の返済をするため、さらにまた借金を繰り
返すようになり、最終的に借金の総額は3000万円を超えていました。

 
Bさんは、仕事をしている時は給料で何とか返済をしていましたが、定年退職すると年金だけではとても返済ができなくなるため、弁護士に相談に行きました。Bさんの借金は大きすぎ、とても返済ができないことから、破産をすることになりました。

 
破産したことで、Bさんは住宅ローンのついた自宅は失い、借家住まいとなりました。
しかし、すべての債務の免責を受け、今は年金を受け取りながら、つつましく生活をしています。

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpgブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)