• HOME
  • 債務整理の解決事例
  • 消費者金融からの借金が400万円。弁護士が破産・免責を申し立て、債務を免れた事例

消費者金融からの借金が400万円。弁護士が破産・免責を申し立て、債務を免れた事例

Aさんは大工で生計を立てていましたが、長引く不況で仕事が減って単価も安くなり、家族の生活費のために消費者金融から借入れをするようになってきました。しばらくは仕事をしながら毎月10万円近くの返済を続けていましたが、リーマンショック後は全く下請けの仕事がこなくなってしまいました。 
 
借金は総額で約400万円になりましたが、仕事もない状態では毎月の返済はできません。借金問題でAさん夫婦はけんかが絶えなくなり、次第に夫婦仲も悪くなってきました。そして、とうとう離婚をしてしまいました。

 
返済にこまったAさんは、法律相談に行きました。当初は個人再生ができないかと考えていましたが、継続的な仕事がない以上、個人再生の手続きはとれないことから、破産申し立てをおすすめしました。
そこで、Aさんは破産申し立てを決断し、破産・免責申し立てをしました。

 
破産手続きは、若干時間がかかりましたが、Aさんは弁護士に相談したことで、無事に破産・免責決定を受けることができ、すべての債務から免れました。

 
Aさんは、今では就職先を見つけ、心機一転新しい生活を始めています。

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpgブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)