認知症に近い女性の娘が弁護士に相談。保佐人に選任され財産管理が可能にした事例

Aさんは夫が死亡した後、一人暮らしをしていました。徐々に認知症の症状が出て、病院で投薬治療を受けていましたが、物忘れが激しく、意志疎通が難しくなってきていました。
 
近くには、長男夫婦が住んでいましたが、長男が死亡し、その前後にAさんの貸金庫が解約され、実印も長男の妻が保管
するようになりました。長男の相続について、Aさんと長男の妻との間で遺産分割協議書が作成されましたが、Aさんは内容を理解していませんでした。

 
娘のBさんは心配し、Aさんの財産が長男の妻に勝手に処分されたりすることを防ぐため、成年後見の申立を弁護士に依頼しました。

 
弁護士が、家庭裁判所に成年後見を申し立てたところ、裁判所でAさんの聴き取りと鑑定が行われ、その結果、Aさんの認知度からすると、成年後見ではなく、保佐が相当ということになりました。

 
弁護士は改めて、保佐および代理権付与の申請を行い、無事にBさんは保佐人になることができました。現在、Bさんは、Aさんの保佐人として、Aさんの財産管理をしています。

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpgブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)