事故で植物状態になった女性の成年後見人の監督員として、損害賠償金の管理を執行した事例

まだ30代の女性が事故にあって植物状態となり、高額の損害賠償金を受け取りました。本人の家族が成年後見人になって、財産の管理をしていましたが、財産が高額であることから、裁判所の選任を受けて、成年後見人の監督人になりました。

定期的に成年後見人から収支の報告を受けてチェックし、女性が亡くなるまで、適切な財産管理ができました。  

予約バナーひとりで悩まずまずは相談予約キッズルーム

contentsmenu

解決事例お客様の声弁護士費用法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

地図

クリックすると拡大されます

相談表
相続・遺言サイトバナーImgLS7 (1).jpgブログバナーImgLS5.jpg
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)