• HOME
  • 事故処理方針~交通事故~

事件処理方針~交通事故

当事務所には、多くの交通事故被害者が相談にこられます。
 
だいたい以下のような相談が多く寄せられます。
 ・治療を続けたいが、保険会社から治療打ち切りを求められて困っている。
 ・後遺症について、保険会社にまかせてもよいか、迷っている。
 ・後遺症について、認定結果が納得できない。
 ・過失割合について、相手方と争っている。
 ・保険会社から示談金額が提示されたが、金額が妥当かわからない
 ・とにかく、保険会社からの電話で精神的にまいっている。
などなど・・・
   
このような相談は、弁護士が代理人としてつけば、すべて解決ができます。当事務所では、交通事故の処理件数が多く、治療→症状固定→後遺症診断→後遺症認定→示談というそれぞれのポイントで、的確なアドバイスを行い、依頼者に変わって手続きを行っていきます。
  
まず、依頼者を保険会社の電話攻撃から守ります。そして、依頼者には治療に専念をしてもらい、しかるべき時に適切な後遺症診断書を医師に作成してもらいます。
 
そして、的確に後遺症の等級を取得した上で、保険会社と示談金の交渉を行います。その基準は、保険会社の基準では低額すぎて話にならないため、当事務所では当然に裁判基準で交渉を行います。実際にこれまで多くの事案で、裁判基準で示談を成立させてきました。
 
事故の被害にあった場合、被害者は治療費を支払ってもらったとしても、それだけでは済みません。体の不具合、病院へ行く時間と手間、勤務先への説明、保険会社との交渉等々・・。被害者となったことで、精神的にも非常に疲れますし、とにかく損をします。事故後に煩わしいことが一気に押し寄せ、到底納得できない事態に陥ってしまいます。
 
ですが、事故は一度起これば取り返しがつきません。事故前の何もなかった状態へ戻らないのです。
ですから、このような被害者の受けた不利益を埋めることができるのは、お金しかありません。加害者に事故の結果を認識してもらい、お金を少しでも多く支払ってもらうことで、被害者はいくらか気持ちがおさまるのです。
 
当事務所は、被害者が納得できる賠償を受けることで、これから前向きに生きていってもらうことに全力を尽くします。 
© 2011 高の原法律事務所(奈良弁護士会所属) All Rights Reserved. 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 (高の原駅徒歩2分)